歌旅HARRYIKEDAHARUO Trip

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年4月17日から5月4日までの旅

<<   作成日時 : 2017/05/05 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月17日6年ぶりの友人を誘い、長野の高遠の桜から旅をはじめ、松本手前の弘法山古墳公園
画像
の桜もどっさり。そして松本城の最高の桜を見た。松本一泊して道中しだれ桜のすばらしいお寺に立ち寄った。新穂高ロープウェイに山頂は雪景色。平湯の森一泊。雨の露天風呂になった。高山から白川郷のかやぶき屋根を見て金沢に。金沢の親子丼に初体験のとき感動したが、今回は少し混雑していたためか雑だった。東茶屋街を散策。兼六園で終わりかけの桜の名残。一泊。翌日は糸魚川の大火へ、復興を神社に参拝し、神社となりの会館で寄付金。あと大火の現場を見学。飯山では駅前の源というお蕎麦屋さんで昼食。飯山では時間が合えば必ず寄る。飯山城跡の桜。菜の花公園への街道沿いでは桜と菜の花が見えた。阿弥陀堂へ。まだ寒くて景色は寒々していた。菜の花公園も全く連休からの菜の花開花には1週間早かった。小布施に向かう。小布施の千曲川沿いでは菜の花は飯山よりはましだった。桜は少し早かったがそこそこ。小布施一泊。翌日は須坂へ豪商の家田中家へ。地獄谷モンキーセンターは外人ばかり。ニホンザルに対する外人の興味は私には臭いだけであまり理解できない。でも喜んでもらえたので良かった。志賀高原から万座温泉道路開通の日に雪の壁
画像
を通り万座で一泊。翌日東久留米で鰻ご膳を食べてもらってお互いの旅の幸を祈り別れた。
https://goo.gl/photos/hqFNEkY6XPwbdBFX8
2017-04-17(月) 17:00 RYa06zw0k5 楽天  0263-33-9000 松本ツーリストホテル 住所 〒390-0815 長野県 松本市深志2-4-24 チェックイン 3人 (大人:3人 子供:0人) 1部屋 【喫煙】北館ファミリー向け(2室:3〜4名)(fmp)セミダブルタイプのお部屋を、二部屋お近くでご用意したお値打ちなプランです。ご家族・お友達のご旅行に最適です。ご予約の際部屋数の入力は1部屋でお願いします。10186円(消費税込 11001円) 食事条件 2017-04-17 夕食:なし
2017-04-18 朝食:大人:3人 食事なし 消費税込: 10801円 クレジットカードにて決済済:大人男1 人・女2 人:本館/和室(トイレ無)×2部屋:2食付
2017年04月18日:ひらゆの森 7,500×3 : 22,500円+税(消費税+入湯税)直接支払。

2017年04月19日ホテルエコノ東金沢予約番号: 予約日: 2017/03/15 人数: 3名支払方法オンラインカード決済 支払金額7,600円(税込サ込)ジャラン  朝食付き
2017年04月20日 おぶせの風 ユースホステル予約番号: 予約日: 2017/03/15 人数: 3名支払方法オンラインカード決済支払金額14,904円(税込サ込 ジャラン 食なし
2017-04-21(金) 楽天 万座温泉 万座高原ホテル 群馬県 吾妻郡嬬恋村万座温泉 こまくさ館(禁煙)(komakusan) シャワー・トイレ付き、2ベッド+2ソファーベッド 二食付き宿泊料金合計 21516円(消費税込 23238円) クレジットカードにて決済済み

その後また、夫婦二人で東北の桜へ三春の桜
画像
。盛りでした。
24日北上の展勝地
画像
でなかなかの長さの桜の土手を楽しむ。アパ北上西泊。
翌日の大曲の花火を見るため、時間調整で横手に寄る。なかなか良かった。横手城博物館で桜もあり。石井洋二郎文学館。かまくらが冷凍庫に残っている施設。後三年の役博物館。これだけ回っても100円? ちょうどいい時間に大曲へ。花火はそこそこ。敦賀の花火を見てきたのでそれほど感動はしなくなっている。やっと取れたのが秋田のドーミーイン。秋田久保田城は桜は雨で見栄えは良くなかった。角館の桜も雨だったが土手の桜も北上をしのぐ長さ、立派さ。武家屋敷のしだれ桜も良かった。とちゅう初めてみずばしょう
画像
の咲く場所を見つけて立ち寄る。つなぎ温泉四季亭
画像
へ。一番安い部屋でも庭のある良い部屋だった。食事も高級感のあるおいしい立派な食事だった。枕元に目覚まし時計と懐中電灯をおいてくれているなど、細やかな高級旅館の心遣いが良かった。
 北上して弘前の桜を狙う。レールバイクのある元鉱山事業所の博物館に立ち寄る。途中大館のグリーンホテル安いので予約しておいた。安いけど不満のない良い宿だった。
 弘前へ、
画像
いつも使う博物館の駐車場はこういう時期は厳戒態勢で博物館の開館時間に来るように追い返されて市役所へ。
 やはりお堀の石垣が見えないのは残念。桜並木日本一へ向かう。岩木山神社参拝後、近くの並木道へ。しかし全く桜の時期には合わず残念。途中妻の用事を済ませて芦野公園へ。桜も池も、人出もなんだかあの世の極楽を見るような穏やかな場所だった。電車が桜の中を来て、出発するのも良い。
 青森はフェリーに乗るための宿泊。ウィークリーホテル翔、チトセはネブタの時期に泊まれなかったので今回チャレンジ。駅にも盛り場にも近く、便利な場所。翌朝早いのでチラと回っただけで就寝。7時のフェリーで11時過ぎに函館。函太郎で寿司三昧。6千円の寿司代は妻からの誕生祝のおごりでした。五稜郭展望台は上がってみて残念。一部しか桜はなくて少し早かった。最近再建された幕府の代官所かなり正確に3分の1を再建。見学。土方歳三が戦死した場所を見つけて見学。立待岬へ。夜10時からはじまる自家用車で上がれる函館山の時間までコンビニに了解をいただいて止めさせてもらって宿で寝る。ゲストハウス函館。シャワーだけ。部屋はチトセのほうが広く部屋にトイレ風呂付だったのに5500円。こちらのゲストハウスは7600円でPなし。近くの12時間500円に函館山から帰ってから止めた。翌日は松前江差へ向かう。結構時間がかかる。トラピス修道院を見つけここだったっけ?といいながら入ってみた。函館の奥はトラピチヌス女子修道院。こちらは男子修道院。道の一本道が素敵な景色。

 福島町は千代の山と千代の富士の2大横綱のふるさと。相撲博物館
画像
で急ぎながら満喫した。松前城は47年昔には通り過ぎてなぜか上之国町の館跡を探していた。今回は桜祭りの真っ最中。城の博物館は見た。妻が食べた焼きウニは見るからにひどく私はミニアワビにした。まだましだった。上之国町の勝山館跡
画像
は昔とは全く変化していて、立派な遺跡に作られていた。山道往復30分で大満足。
 あわてて4時前の開陽丸
画像
博物館へ急ぐ。コンクリートで作った開陽丸だが満足。その後俄虫温泉泊。二食付8千円x2で1万6千円。食事も満足だが、風呂も良いが、着替え場が臭い。すっぱい匂い。掃除がいい加減なのがわかる。できれば次回は遠慮したい。

 俄虫温泉から札幌へ。桜がまだ早い北海道では梅なら丁度良いかと平岡公園に向かう。しかし札幌の梅は桜と同じ時期に開花するそうで早かった。北海道に来たのは早とちりだった。宿に荷を解いて、散歩。 平岡公園の梅がまだだったので翌日は円山公園の桜を見に大通公園からずーっと歩いて行った。途中ローソンでコーヒー休憩。しかし人は多かったが桜はショボイ。北海道神宮参拝。帰りは大通公園のケンタッキーで休憩後地下鉄で大通りまで。時計台に入る。時計台はいつも自動車の中から写真を取るだけだったが今回は中に入った。鐘も16時に聞いて録画した。その後宿へ。夜ボストンクラブへ行って楽しんできた。
 結果として連休の渋滞を避けられ、フェリーもぎりぎりで最後のベッド二箇所に分かれたが何とか滑り込めた。セーフ。17時出航。翌朝9時着岸。帰りはいくつかのPAで休憩しながら家まで給油しないで帰るつもりだったが。所沢を出たところであと1キロとでたので、予備タンクから20L全量を給油して帰ることができた。
 楽しいたびができたこと、安全な帰宅ができたことに感謝します。

アパ公式HPから 北上西5,900円(消費税・サービス料込) フロント精算
るるぶ中通温泉 こまちの湯 ドーミーイン秋田【素泊り】最上階に位置する天然温泉を満喫♪≪禁煙セミダブル≫10600円カード済み
楽天 つなぎ温泉四季亭  八品懐石】上質な食材・厳選された味覚 を少しずつ味わう◆美味少量懐石◆数寄屋造り純和室【和室8畳】バス/温水洗浄トイレ 二食付き消費税込:38880円カード済み
楽天 大館グリーンホテル 4861円(消費税込 5250円)現金フロント払い
宿に直接 ウィークリーホテル翔チトセ 和室(禁煙)4,800円 1室2名利用 駐車場:1台700円 和室畳が擦り切れているが狭くない、バストイレつき。
津軽海峡フェリー11800円。
アゴダで予約 函館 ゲストハウスハコダテベイ 和室狭い。JPY 7,615(含まれている料金: 税金 & サービス料 JPY 1,205)シャワー室が狭すぎ。
江差 俄虫温泉旅館8,440円(大人)× 2名 小計:16,880円(税込・サービス料込)和室狭くはない。掃除きれいではない。風呂まし。脱衣所臭すぎる。アパなどのチェーンホテルに管理させればいい宿になるだろう。
楽天  パールシティ札幌 どこに行くのか決められず二泊した。初日1日4000円。2日目消費税込:6500円 軽H1580以上は安いPは1600円/日x2.
新日本沿海フェリー3万円。
5月3日からのホテル代が異様に高くなるし、車の中で寝るには寝袋をもう一つは忘れてしまったし、桜にはまだまだ日にちがかかるし、静内の桜は渋滞がひどいわりにはショボイと聞いてあきらめた。
小樽での時間はイオンで食料を仕入れ食べても時間があるので、行った事がなかった天狗山に向かう。途中 小樽ワインの販売所を見つけて一本おまけにつられて10800円を超えるワインを買い込んでしまった。どんな味なのかな。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年4月17日から5月4日までの旅 歌旅HARRYIKEDAHARUO Trip/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる