テーマ:やすらぎの郷

やすらぎの刻 倉本聰氏の伝える愛国心

 今までの戦後歴史観の中から描かれてきた戦前の日本はすべて悪。という描き方とは一線を画した倉本脚本。  特高警察が、家族と故郷を大切に。とシノの密告を戒める。  満州へ移住する人々の複雑な思い。  中島みゆきさんの名曲がその切なさを際立たせている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人生の素人 誰もが放たれた蛍のようにさまよっている人生」について

「人生の素人 誰もが放たれた蛍のようにさまよっている人生」について 瀬尾一三さん あの吉田拓郎のつま恋での永遠の嘘をついてくれ のときに瀬尾一三さんがトランペットを吹いていたと勘違いしていたのかもしれません。 瀬尾さんのオーケストラの人が立派なトランペッターだったのですね。 興奮して失礼しました。 本日のバックインタウン弾き語りナ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人生の素人 誰もが放たれた蛍のようにさまよっている人生

 中島みゆき 才能があふれかえっている。 いつまでも聞き逃せない才能に脱帽する。  この曲のかっこいい間奏のトランペットはたぶん間違いなく 瀬尾一三さんだろう。  慕情のややこしい私ではコードが拾えなかったサビは私は瀬尾一三さんがつけた曲だと思う。難しすぎるから。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more