独裁者になりきったコロナ騒ぎを利用した都知事たち!PCRは感染者とはいえない人を数え挙げた利権モンスターだった!

ケント】その通りです。どちらに入れるか未知数の州。本来は赤だけれど、もしかして、コロナの対応次第で青になるかもしれないという州です。それらの州でトランプ大統領のコロナ対応が評価されるかどうかが、鍵を握るんです。 次の大統領選挙は、大統領のコロナ対策の審判になると思います。しかし、新型コロナウイルス自体、トランプさんの責任ではありませんし、経済優先の対策は高く評価されると私は思います。 むしろ、問題になっているのは民主党の知事や市長です。経済活動を再開しようとするときに、独裁者みたいにいつまでもロックダウンしようとします。私には、これが一種のファシズムに見えるんですよ。トランプさんは「早く経済を再開させましょう」と言う。しかし、民主党の知事や市長は「いや、それは危ない」と止める。 特に厄介なのは、学校を再開しようとするときに、教員労働組合でコロナに関係のない不合理な政治的条件をつけようとすることです。そして、最も困っている人たちは、小・中・高校生の子どもを持っている家庭です。子どもが学校に行かないと、親がまともに仕事に戻れません。 【石平】いい加減、日本人も懲りたでしょ。テレビに出てくる自称・専門家が「なぜ、ロックダウンしないんだ」とさんざうるさく言って、「では、自粛してください」って言うと、また文句を言う。 【ケント】ですから、コロナ対策に関してはトランプさんは大丈夫だと思います。結局、世論調査を見ていると、トランプさんはスイング・ステート(激戦州)の中では有利なんですよ。ただ先ほど言ったように、あまり世論調査を妄信してはいけないのです(笑)。しかし、よほど下手なことをしない限り、私は当選できると思うんですよ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e704dbae9988e80ca3356578b1821bed6dac299

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント