ホツマツタエと天皇陵の謎 に導かれさまよう201909暑さに負け、出雲隠岐には行けず。

 武田神社、甲斐善光寺、清里松原 、富士高の昔の清里寮は五島育英会の八ヶ岳山荘になっていた。冨士高とは無縁なので宿泊できず。武蔵工大など東急Gの卒業生は泊まれるらしい。
清里先の立岩湖の宿素泊。近くの滝の湯で夕食。朝宿を出るときオーナーから朝取りのサニーレタスを頂いた。ご厚意に感謝。阿智川では日本一の星空はちょびっと拝むことができた。阿智川信濃比叡気が付いたら以前来ていた場所以下はホツマツタヱと天皇陵の謎に導かれて彷徨ってきました。

 若狭彦神社オバマに来ました。ホツマツタエのいときょうさんの本から興味を持って行きました。下社は姫神社と呼ばれていました。巨大な御神木はまるで屋久島の縄文杉より巨大に私には見えました。
 生きているご神木さまらを私は数多く見てきましたがこれほど感動したご神木さまは初めてです。
 ちなみに私の最愛の妻は若狭姫神社の感動以上に若狭彦神社の雰囲気に感動しました。伊勢の滝原宮に似た厳かな宮です。
 若狭彦神社いわゆる上社はマヤサチヒコを祭ります。
 姫神社下社は豊玉姫を祀ります。
上社の若宮はご子息のウガヤ葺き合わせず、を祀ります。神武天皇の父といわれます。
 ハリーが古事記や、日本書紀のウガヤフキアエズと言うよりもウガヤフキアワセズを選ぶかは、物部氏が蘇我氏によって日本古来の神道が改竄されたと感じるからです。高橋克彦氏の火炎に出てくる物部二風は大和朝廷に追い出された末裔かなというのも興味を引き立てます。

翌日 彌美神社参拝 敦賀気比神宮へ。子供神輿。ガストで昼飯。松原 墓参。3時にホテルなのでヘイワドーで時間つぶしてから駅で夕食買い物。

朝食 東横イン。9時半から山車と思い。歩く。途中でヘイワドーで、13時半の出発を確認。鯖焼寿司買ってホテルへ。二時頃出かける。豆落雁1と3ゲット。後 和菓子屋さんで穂積屋さんのことを尋ねたら店主の友人が。おしえてくれた。以前無くなっていたと思った場所の裏道にあったが、隣の人に聞いたら90を超えている。入院中。お菓子は作る人継いだ人もいない。と教えてくれた森本屋さんに報告。是非復活させて下さいとお願いしていくつか購入。周りの皮を炭火で焼くのが難しいらしいのだ。4時半戻るが有り合わせで夕食。13000歩。

敦賀の東横インは空いていればいつもここにする。良い宿。翌日は海幸彦が統治し、山幸彦が希望したと、ホツマツタヱでかかれていた、白髭神社。あくまで神社には猿田彦大神が祭神という伝えまで。
 近江聖人中江藤樹に対する地元の皆さんの尊敬と愛情にほだされた。貌言視聴思。の扇を購入し自宅で毎日噛み締めている。

小浜若狭彦神社、姫神社、敦賀氣比神宮、琵琶湖近江聖人記念藤樹神社、白髭神社、日吉大社、近江神宮、松尾大社、桂離宮、修学院離宮、平野神社、仙洞御所、慶光天皇陵、粟田神社、八坂神社、神武天皇陵、橿原神宮、石舞台古墳、長谷寺、大神神社、狭井神社、景行天皇陵、崇神天皇陵、東大寺大仏殿、若草山、鶯陵、十輪院、興福寺。軽自動車で、安宿泊。11日間。どこも9月最高気温で老人には体力厳しく、出雲、隠岐の島まで元気だったら行くつもりでしたが、フェリーを使わずに高速道路で昼間帰って来ました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント