2012四国遍路以来の長旅2019伊勢から九州一周車で安宿コンビニ飯

 さだまさしリスペクトの旅

 今回の旅はさださんの飛梅に誘われた旅でした。前回紅葉の京都に行くとき、奈良に寄りました。やはり「まほろば」の唄に誘われ春日大社へ寄りました。
今回は久しぶりに結果として長旅になりました。3月20日から4月13日。大宰府には二泊して朝のお参りにも二回参加できました。梅が枝餅もお石の茶屋は初日は休みで次は11時まで待てずに別の店で食べました。日持ちはしないのでその場で食べただけでした。
 伊勢では二神輿玉神社の旭から始まり。神宮では内宮外宮伊雑宮瀧原宮など関連する神社まで。金剛證寺開山堂まで。伊勢志摩サミットの会場まで行ってきました。3泊したので行けました。
四国88か所巡りの時、横山寺だったか御朱印はスタンプ集めになってはいけない。とご注意の書きがありました。そうだなと心がけていましたが、今回はそういう書いている神社の神職が行列を作っている人々を無視してスマホや新聞に目をやっているのを見るとスタンプ集めのどこが悪い。とも思い。お賽銭だとも。もちろん大宰府天満宮のような神職の規律が行き届いている神社は少なくないのですが、ピンもキリもあるということですかな。

 一宮巡りに切り替わったのは鹿児島でSさんと数十年ぶりにお会いしてから新田神社の大楠を見に行くつもりで新田義貞関係の神社と思い違いして新田神社へ行ってから。指宿の池田湖の枚聞と書いて(ヒラキキ)と読む一宮。神社と新田神社も薩摩の一宮なのを不思議に思い聞いたところ。新田神社の巫女さんから一宮の地図を頂いたので急遽新門司からフェリーで帰る途中の道筋の一宮参拝を加えた。九州の自動車でのぶらぶらも今回で3回目で長崎も佐賀も寄らずに一宮参拝だけでフェリーの帰途へ。

 極楽往生の旅?

二見興玉神社の旭のときは特別感じなかったのですが、数日後太地町の2日目の旭には驚きました。まるで山に穴が開いたように日の光が見えました。その光は写真には点となって段々近づいてきていました。まるで天国に導かれるような感動を覚えました。
中国北部の仙崎という場所へ導かれたとき。夕陽を見たいと宿を飛びだしてまた来た道を戻るのも嫌なので仙崎の丘の上に行きギタレレで歌っていました。妻は寒いので車の中で待っていました。丘から降りてきた夫人が多摩ナンバーを見てこえをかけてくれたそうです。夕陽が見えるのは仙崎の海岸のほうが見えると教えてくれたそうです。急いでそこへ行きました。雲がかかる落陽でしたが、その雲の形はその後熊本城で見かけた獅子と同じ形でした。丁度、富士山の上に獅子が吠える姿でした。
だから?お花畑は池田湖の湖畔で見せてもらいました。まるで極楽でした。
いつも幸せに人生を終えることができることの覚悟で安宿とコンビニ飯の旅を楽しんで行きますか。。
画像


https://photos.app.goo.gl/Hjg5dBM71iY7GBobA

https://photos.google.com/u/1/album/AF1QipN3Bn55DNNDknxFgVqbgOLRaheeo1zncFSp9It2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック