バクシーシ

 インドやエジプトなど町の中で貧しい人々が手を出してくる。ツアーの日本の人々はだいたいいやがって無視して遠ざけようとする。自分はありがたいと思う。よく職業化してバクシーシで豊かな生活をしている者も居るのかもしれない。その場面でわずかな現地の通貨や1ドルとまでいかないクオーターでも喜ばれる。インドなどでは一人にあげるときりがなくなるが、無いときは断ればいい。
 バクシーシは富ある者が貧しい者に施すことで富ある者の心を豊かにしてくれる喜捨なのだ。
つらく厳しい状況にある人に袖スリ会うも多生の縁。その方にしか与えることができないけれどもそのおかげで自分自身が心洗われる思いを許される。共に泣くこともできる。その機会を与えられたことに感謝して。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック