あれもこれもわが党がやらせました?

har11@ezweb.ne.jp です。今終わった予算案説明で。池田の質問。選挙が近づくとこの予算は自分たちの会派がつけた。実現させたのは○○党の成果とチラシに宣伝文句が並ぶ。では今回の予算でどの会派がどういう予算要求を行ったのか明らかにしてほしい。財務部長:財務部の手前で行われているのだろうから財務部としては分からない。
池田:ではここに全会派が居るのだから自分たちはこういう要求をして予算に入れてもらった。と全会派から明らかにしてほしい。池田はあれやれこれやれではなく予算の無駄遣いをチェックしているので落合川の埋め立て中止を求めて護岸工事をやってもらったくらいで、金のかかる要求はほとんどしていない。各会派はこういう場でこそ自分たちがこれを予算化させたのだと自慢してもいいのではないか。それをしていたら選挙のときに自分たちがやらせましたと自慢すればいい。そういうことも無く結果として予算が使われるとそこもあれも自分たちは議会で発言に入れていました。とやるのが共産党だ。そもそも総括質問など100も1千も項目並べる勢いで話しまくるのだから、抜けていた項目があればうかつでした。という状態だ。それでも自分たちが。といいまくる強心臓。それにころっとだまされ乗っかる市民も悪い。

20110208 20.10加筆。その場面では財務部の説明の場なので予算特別委員会で市長に質問してくれと言う声があったので。ではそうしましょう。とした。
 しかし各会派が沈黙を守ったのは沈黙こそが語っていて語るにオツル話だ。予算を使わせましたとは池田の前では自慢できない雰囲気が東久留米市議会には生まれてきた。市民向けのビラでは恥ずかしげもなく使わせ自慢がまかり通って居る。しかし金額の多さを自慢した左翼も自民も仲良く無駄遣い時代から池田は野崎前市長の時代というプラス面を生かし、大きく変えてきた。節減して同様以上の効果を生まなければ「行儀が悪い」?(らしい)池田にズバズバ責められるから最近では無駄遣い自慢ができなくなってきたのだ。そういう面では無駄遣い自慢の代議士に比べれば東久留米市議会は国会よりもましになってきたのだ。
 市議の皆さん、密室で職員にお願いすることがなければ、池田が提起しているコンプライアンス条例改正案に賛成しなければならない。ただ単に、議員関係者と職員の話し合いの記録を残すように義務づける条例改正だ。賛成しないのが恥ずかしいことですよ。

この3月議会も池田宮川民主の賛成以外は他会派のすべては継続で逃げ切ればいいと思っているのだろうか。継続は陰湿な反対。イオン問題に態度を鮮明にできなかった民主も長いことイオンでは賛否を明らかにしないで継続で逃げてきた。若い情熱がある人がとるべき態度とは言えない。若さとは年齢だけ若ければいいのかとこの市議会では思うことも多い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック