地蔵橋「ハリーの瀬」とでも呼べる場所が釣り場に

画像

 この場所は湧水保全運動の仲間から落合川の埋め立てを止めてくれと頼まれて、当時の野崎市長に東京都との交渉に骨を折ってもらってなんとか残した旧河川の一部だ。自分で言うのもおこがましいが、「ハリーの瀬」と読んでもらっても良いくらいガンバッタし、頼んだ人々から不十分だと後ろから機関銃で撃たれるがごとく前回選挙では攻撃された。そんな経過もあって実は池田は残さない方がよかったのかと後悔していた。無駄な公共事業を誘発して余計無駄遣いをさせたのか。とも悔やんでいた。
 しかし、今日、を釣りをしていた少年たちに聞いたらここがなかったらつれる場所が無いと感謝された。いろいろな思惑で運動を扇動するプロの活動家と違って少年たちの言葉にはウソはない。とてもうれしかった。やはり残せてよかったんだと自分で納得できた。今日は12000歩記録した。そして釣りしていた少年にありがとうを言いたい。これからも「ハリーの瀬」?をよろしく。ハリー池田はるお。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック