1167号市民の方からいただいたご批判にお答えします

1167号
市民の方からの 質問( )内 にお答えします。丁寧なご批判をいただきありがとうございます。立ち話や時間の
制限された会合の場ではこれほど中身に踏み込んだやりとりはできないでしょう。これからもメールでのやりと
りを丁寧に行っていきたいと思います。ありがとうございました。

減税こそ政治家の仕事だ。
(経済の論理がキチンとしていれば、増税を強いるのも政治家の仕事かと考えますが)

池田:増税を強いるのが政治家の仕事とは全くの間違いです。増税は経済政策の間違いから生まれた財政危機を
回避するために財務省の役人が企んだ自分たちの天下り先確保のための悪政です。増税ではなく税収増加に力を
注ぐべきです。税収増加は産業を大事にして経済成長を促進させること。それにはTPP開国も重要な役割を担っ
ています。

池田孟ハル夫(治夫ではいけませんか?ご自分の名前をもっと大切にしてください。クルクル変えてはいけませ
ん。自信のなさかと思われます)

池田:名前を変えるのは自信のなさですか。自分の名前を変えていくことは成長の印とは考えられませんか。豊
臣秀吉は自信がなかったのでしょうか?

東久留米の坂本龍馬(そう名乗る理由が不明です。少なくとも龍馬は新しい国家像を胸に抱き、発表し、同志を
集め、賛同できない人々とも受け入れ、仲良く付き合いました。彼独自の思想は別としても、すばらしい周旋の
才能があったと思いますが・・・)

池田:龍馬とは動詞です。現状を無為に何も改革できない人々に変革の道を指し示して孤立を恐れず突き進む行
動力です。思想信条改革の方向性を示さないまま仲良くするような無思想な政治屋が良いとお思いですか?池田
が東久留米の改革の方向性を示してきたことは議会では誰もが認めています。民主の労働組合ベッタリ路線をな
んとか改革派へ切り替えてきた力はどこにあったと思いますか?仲良し路線では首長になびく反改革の職員の言
いなり馬場大増税路線に吸収されてしまうのです。

イケダハルオは減税政策=河村名古屋市長の路線(どこが河村路線でしょうか?)

池田:東久留米の増税を止めてきたのは池田の改革への情熱の大きさがあったからです。会議録賛否表など見て
いただければ理解していただけるはずです。

馬場市長による公約無視を、あなたはこれで良いのか?
1.公約イオン反対に乗って当選したとたん180度方向転換。イオン中止すると損害賠償で大変な市民負担にな
ると言い訳。馬場市議を含めて誰でも知っていたこと
2.情報の徹底公開の公約は?今までの野崎市長の情報公開以下。
今までの条例通りの公開のどこが徹底した情報公開か。
(具体的にはどのようなことでしょうか?)

池田:会議録を見てください。情報公開の徹底について池田は何回も市議会で馬場市長を回答不能になるまで論
破し尽くしています。

3.市民参加も口先だけ!聞き置くだけ!
住民投票条例の提起すらできない。
汚職に対して防止策をとっていない!
自分の選挙当選のためにはイオン反対にも賛成にも色目を使い、今度は全面的に反対したわけではない。などと
いう。こんな不誠実な市長を許せますか!? 
あげくのはて、自分の政治信念は「正直であること」だそうだ。
一番の大ウソではないか!議員の仕事は減税すること
(減税とは地方税のことでしょうか?来年の予算は16億円不足と聞いています。
何を、どれくらい、何時、どのように減税しようというのでしょうか?またその究極の目的にいたるまでの過程
をどのように説明できるのでしょうか?このタイトルはかなり唐突です。ただ冗費節減に努力されている点は高
く評価できます。)

池田:タイトルとは唐突で意表を突かなければ週刊誌も買う気がしないでしょう。冗費節減に努力を理解してい
ただければ、どれだけ無駄が多いのか。予算を決めるときに元公務員の市民も含んだ利権にベッタリ市民が票目
当ての市議と結んで職員に無駄な税金の支出をやりたい放題してきたことに問題があるのでス。建設坪単価10万
円の建物に100万円の支出を許してきたのが市議会なのです。池田がチェックするようになって現在ではなんと
か半分まで支出を減らしてきました。キチント利権市民からの圧力にも抵抗する仕組みを市議会が構築できれば
現在は地方税国税にかかわらず減税可能です。

池田はスェーデンがベストと思っていないが、高福祉高負担に納得させるシステムはできているようだ。 それ
に引き替え我が日本は中福祉高負担状況にある。様々な既得権益に配慮しい、
1.議会がまず身を削ることができない。
2.職員も。
3.圧力団体にも文句が言えない。菅さんの政府も労働組合だけでなくすべての圧力団体の既得権切り込めない
のは自ら身を削れないからだ。それで増税などとんでもない。
入札結果は野崎改革で3億円の節減を行ったが、イオンの誘導妨害で6年X3億円=18億円損失を続けてきた

坪10万円の建物に10倍の税金をつぎ込んだのも総与党体制のやったこと。税金を食いつぶす利権の分け合い
でチェックできないのだ。総与党体制が懐かしいのはウマミ(レント)を分配しあってきた(シーキング)連中のブ
ーイングに過ぎない。議会で仲良くやってほしい。それがレントシーキング利権分配政治の再確立になる。それ
を許してはならない。国家でも同様。民主党が野党時代のように無駄遣いをチェックをできないのは既得権益に
配慮した証拠なのだ。だから、無駄はありませんでした=増税しましょう。は間違いなのだ。総与党体制は増税
路線。増税政党を取り替えても無駄遣いチェックはできない。
(この部分は具体的にはどのようなことかよく判りません)

池田:10万円でできることに100万円支払って喜んできたのが総与党体制です。

実際に公務員の仕事を担っている臨時職員には10万円で働かせて監督する賃金40万円の公務員も同数居れば
無駄遣いは公務員の既得権益を守って居るだけだ。貴族(?)を実質的な管理者に変えることで公務員7割削減
も可能になる。自民党、民主党の増税政党同士の政権交代だけは願い下げだ。
(市議会のことか国会のことかよくわかりません)

池田:市政も国政も国民の意識の反映です。基本的にあるべき姿に違いはありません。どっちにも関係すること
です。

 東久留米議会池田は以下のスェーデン式を建設委員会ではなし崩し的に強行している。しかしその一番の妨害
者は当然ながら、中央集権政党所属市議たちだ。
(スエーデンの議会に関する池田氏のブログはなかなか秀逸です)

池田:お褒めいただき恐縮です。

池田提出議案20101221は 減税させるための池田の闘いです。自治労と闘えない市長を選んだ利権関係者と闘わ
なければ、増税はやりたい放題になります!あなたが払わなければならない税金が既得権益を守る利権政治の横
行でさらに増額していくのです。市政は無縁ではない!
1.介護保険料の引き下げを求める決議
 東久留米市介護給付費準備基金の平成21年度末残高は約7億円である。現下の経済情勢で基金に7億円持つと言
うことの意味は別にしても、市民の負担の増加は留まるところを知らない。 よって、東久留米市議会は、介護
保険料の負担軽減を計るためその引き下げを求めるものである。
(市議会だけの意思でできることですか?)

池田:市としての負担ですから各自治体ごとに違っています。もちろんできます。

2.職員および議員の報酬の適正化を求める決議
  職員の正規職員臨時職員との身分差別をなくすため、現行の人件費の範囲で平均分配し
   かつ総額から報酬も職員全体の人件費も10%削減。を議会から提起するべきであると考え正規、嘱託、
再任用、臨時の身分の変更は別しても同一労働, 同一賃金の原則から、報酬の平準化を進めることを議会から理
事者側に強く要請する。 さらに市議会は報酬の適正化を報酬審議会に求めるのは誤りである。
(客観性がないという意味でしょうか?)

池田:各会派の手先でしかない市民意見は議会の意見です。二重に自分たちの責任を隠す道具でしかありません。

市の財政状況が23億不足する状況を作り出した責任の一端は市議会にもあることは当然のことである。  職員
報酬の削減を求めながら、議員が自らの身を削れないのでは市の財政再建を語る資格すら疑われる。市議の適正
報酬とは何かを市議自ら判断できないのであろうか。自分が所属する自治体の財政状況に応じた金額へ削減する
時期もあれば、財政再建を確立して増額が許される時期もあるだろう。現下の財政状況は増額ではなく減額が必
要な時期である。報酬審議会に任せると言うのも無責任な逃げ口上である。審議会の実態は各会派の人数に応じ
たシンパの市民を選出しているようだ。実質的に議会の議決と変わらないことを第三者に任せたと逃げるのでは
市民全体の意見を代表することはできない。一部の既得権益を求める圧力団体の代表でしかなければお互いに実
を削る作業はやめておこうと言うことになる。市議会は東久留米市全体の利益を代表するためにもこのような財
政状況下では職員とともに議会も10%の一律カットが必要である。
 この財政危機克服のためにも市長側から当該条例を提起することを求める。
3.東久留米市議会議員定数条例
  東久留米市議会議員の定数は,地方自治法(昭和22年法律第67号)第91条第1項の規定により17人とする。
:議員定数を34の法定数から半減の17に現状の22から定数を削減する
条例
 目的:議員定数に適正数とは何年論議しても決まるものではない。議員としてのやせ我慢と言わざるを得ない。
自分の議席をたもち生活のために議員を続けようとすれば議員は既得権益に対して切り込むことはできない。
議員が職業化している現状では身を削る努力は不可能だ。政治家が自己の保身を考えるようでは住民本位の政治
は行われず、一部の既得権益の声の大きな一部団体のための政治に堕落してしまうのは自明のことだ。 議員は
自ら夜間議会などの開催で兼職議員でも従事できる体制を確立するための第一歩としても議員定数削減から始め
なければならない。

4.入札改革をさらに推進する契約規則制定を求める決議
 目的:最低制限価格以下を排除する方式を廃止し、それ以下の低入札価格を調査したうえで採   用できる
ように入札方式をさらに改革する。詳細については規則で定める。
(この方式では入札案件の質的劣化をもたらします。反対です)

池田:低価格と質的低下は宮城県の改革の成果を見ても分かりますが、全く関連性がありません。高くて質の悪
い工事が多数存在する現実を変えなければなりません。

市民は市に対して密室で口利き議員に頼むのではなく意見を公開して申し入れること。
市は事業の優先順位を公開すること。意思形成過程の情報も徹底して公開すること。
情報の徹底公開と真の市民参加=住民投票条例の制定。これが実現できれば、市議会の重さは軽くなる。=日給
制、兼業議員制度に移行が可能になる。だんだん消滅させることができる。消滅させるには消滅させる議員が多
数にならなければならない。
 議員が自分の既得権益を守ることに汲汲としていては公務員7割削減などできるわけがない。減税もできるわ
けがない!!


諸悪の実態はここで
 http://ikedaharuo1.at.webry.info/ 

利権政治に反骨池田はるおオンブズマン通信 
2011年3月号
_m^_^m_  http://ikeda.gr.jp 
池田孟夫: ikedaharuo1@yahoo.co.jp

 入札大改革の先頭を行く池田の闘い。 民、共、社の妨害を跳ね返し
議員定数を削減実現! 百条委員会開催も利権政治の徹底糾明を
進める改革派の勝利。 湧水保護回復条例は日本地方議会史上の
歴史的第一歩。 私利私欲で動く社会を解体する.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック