整いましたイオン協議でも、馬場市長の鉄面皮ぶり

馬場市長市民の声は聞き捨て 投稿者:harryIKEDAHARUO池田孟夫狂輔 投稿日:2010年12月27日(月)12時34分49秒
馬場さん市民の声を聞いても考えは変えないとのこと。そういう市民の声を聞く会とは「ガスヌキの場」というのだ。市長選挙の再選挙しかないね。市民の声を聞くということは。。。
101227の全員協議会の報告内容は、全面的にイオンさんが市民の検討委員会からの要望を飲んでくれた。職員の皆さんの努力を評価したい。質疑では馬場市長を当選させた一番の原因である共産党が市長はどれだけイオンの販売面積を小さくさせたのか。と質問。回答は不明。池田はコミュニティバスの市としての計画は、イオンが路線など市側とも協議したいと回答しているのだから、無駄な市税の支出をしないで、イオンさんに市内循環バスを出してもらうように要請をしてくれということと、市の借室部分賃料は「市が運営する市民の為の施設ということで、可能な限り配慮させて頂きます」としているのだから無料ということも考えてもらえるのではないか。有料の場合は臨時議会を開催すべし。ということでそのときは臨時会の議案で提出すると企画室長の回答をもらった。イオン誘導から誘致へ変えてもいいのではという質問には、市議時代は誘致だと野崎市長を攻撃していた馬場市長、自分が何を言ったのか忘れたかのように、誘致ではなく誘導です。だって。多くの市議が大笑いした。恥を知らない馬場市長の鉄面皮ぶりにはあいかわらず笑うしかない。

以下市側の発表
協 議 回 答(案)

1 情報発信施設の設置について
   南沢五丁目商業施設建設計画に伴う地域貢献に関する検討会中間報告書(以下「報告書」という。)には、地域のまちづくりへの参画・協力及び地域産業の活性化として、情報発信施設の設置が示されています。(報告書P.4,5)
 [協議事項]
   ①設置場所の確保について
   ②確保可能な面積
   ③施設設置にあたっての市の負担

協議回答
貴市の文化や歴史、見どころ、特産品などのPR、市政や市民活動の情報の発信、また特産品などの販売を行う場として、情報発信施設設置場所を確保いたします。面積は50㎡を上限とし、位置については商業施設全体の店舗配置を勘案し、貴市と協議のうえ決定させて頂きます。貴市との契約における賃料は、貴市が運営する市民の為の施設ということで、可能な限り配慮させて頂きます。尚、共益費については別途ご負担をお願いいたします。営業時間や休業日については商業施設の基準に合わせていただくようお願いいたします。

2 多目的ホールの設置について
   報告書には、地域のまちづくりへの参画・協力として、多目的ホールの設置が示されています。(報告書P.4)
   これについては、市の施設としての位置付けは考えておりません。設置にあたっては、事業者側の管理、運営の下での地域貢献のための施設として設置していただきたいと考えております。
 [協議事項]
   ①施設設置について
   ②設置する場合の規模
   ③施設の整備概要(検討会からの要望事項対応)
④使用料について

  協議回答
商業施設内に約180㎡を上限として多目的ホールを設置いたします。設備については、上映会等にも対応できるようスクリーンやプロジェクターを備え、ダンス、ヨガ等の軽スポーツに対応した仕様といたします。
使用については弊社のイベント等で活用するとともに、地域の方々にも利用して頂ける形態といたします。使用料については、近隣の弊社ショッピングセンターの基準に基づき設定させて頂きます。

 3 オープンスペースの利用協力について
   報告書には、地域のまちづくりへの参画・協力及び地域産業の活性化として、オープンスペース、駐車場の活用についての提案が示されています。(報告書P4,5)
また、公園・広場の整備にあたっての騒音の低減策の必要性も示されています。(報告書P.6)
 [協議事項]
  屋外オープンスペース(公園・広場)
   ①イベント開催に対応した施設整備(騒音対策含む)
   ②使用にあたっての条件

  屋内オープンスペース
   ①作品展示、イベント開催場所の確保
   ②使用にあたっての条件

  駐車場の利用
   催事や地域活動の場としての利用について

  協議回答
屋外に設置予定の広場を地域のイベント等でご利用頂くことが可能です。
また、屋内外のオープンスペースを活用し、地域の商店や農業者と連携して、地域産品の販売会や朝市などのイベントが開催できるように協力いたします。
施設整備に当たっては、周辺への騒音の低減が図られるよう配慮しますが、イベントの開催については、近隣住民の方々に騒音等でご迷惑をお掛けしない内容であることやイベント主催者の責任において安全に実施されることが条件となります。
なお、屋内にも小規模ではありますが、オープンスペースを設置し、作品展示やイベント開催場所として利用頂くことは可能です。弊社が実施するイベントのスケジュールと調整の上、利用頂きたいと考えております。
駐車場については、施設の営業に影響がない範囲でご利用頂くことは可能です。
安全面の確保について、利用者と弊社合意がなされる内容であることが前提条件となりますが、地域活動の利便性向上に協力いたします。

4 NPOなどのPRコーナー
 報告書には、イオン・デーに合わせたPRコーナーの設置の提案が示されています。(報告書P.5)
 [協議事項]
   ①設置の可否について
   ②設置にあたっての条件

  協議回答
イオン・デーの際には、レシート投函箱のそばに地域のボランティア団体などが使用できるPRコーナー(掲示板等)を設置することは可能です。
条件は弊社の「イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」の基準に基づく団体とさせて頂きます。

5 地域商店専用ブースについて
   報告書には、地域商店などからの出店に対し、専用ブースの設置、設置にあたっての柔軟な対応をすることが示されています。(報告書P.6)
 [協議事項]
   地域事業者への出店促進の対応について

  協議回答
地域専用ブースについては、現時点においてその内容が未確定であることから、地域商店などの機運が高まり、出店意向が示された際には、協力させて頂きたく存じます。
また、商業施設内のテナント区画は、開店前に決定いたします。出店意向がある地域商店の方々は、開店前のテナント募集期間中にご応募頂きたいと存じます。
ご入店頂いたテナント様には運営に関しノウハウや技術的な面でのご支援をさせて頂きます。

6 地域商店に対する販売促進活動への協力について
  報告書には、地域産業の活性化として、地域商店に対する販売促進活動への協力について、電子マネーの共同利用、地域商店などの広告掲載が示されています。(報告書P.6)
 [協議事項]
   地域商店に対する販売促進の対応について

  協議回答
地域の商店様との電子マネーの提携は可能であります。広告の共同掲載等については具体的な内容について協議のうえ決定させて頂きます。

7 地域雇用の確保について
  報告書には、地域における雇用の確保、障がい者、高齢者雇用への配慮が示されています。(報告書P.6)
 [協議事項]
   ①地域雇用の促進の対応について
   ②障がい者、高齢者雇用の対応について

  協議回答
地域における積極的な雇用機会の創出・確保を進め、従業員の雇用の安定に努めるとともに、障がい者や高齢者などの就業について十分な配慮をいたします。
現在の計画では地元の方を中心に1500名~2000名程度の従業員の雇用を計画しております。

8 公園・緑地の整備について
  報告書には、緑化の推進とともに、緑化にあたっての配慮について示されています。(報告書P.6)
 [協議事項]
   緑化の推進と緑化にあたっての配慮事項について

協議回答
緑化については東京都の条例に基づき計画しております。また弊社では敷地内において地域に自生する樹木の苗木をお客さまとともに植える「イオンふるさとの森づくり」を行っています。
東久留米らしさを出すためにツツジの植栽も実施いたします。また植栽が歩行者や交通の死角になら無いように安全面にも配慮します。

9 環境・景観への配慮について
  報告書には、環境・景観への配慮事項として、施設整備にあたっての周辺居住者への配慮として、圧迫感を感じさせない計画、地域の清掃活動、電気自動車用の充電スタンドの設置が示されています。(報告書P.7)
 [協議事項]
   ①施設整備計画にあたっての周辺居住者への配慮事項
   ②地域清掃活動など、地域環境向上策の実施
   ③充電スタンドの設置について

協議回答
環境・景観への配慮については、東京都の条例等に基づき対応させていただきます。
施設周辺の清掃活動を行うなど、地域の環境向上につながる活動を行います。
なお、弊社は既存店舗においても毎月11日を「イオン・デー」とし、従業員がボランティアで店舗の周りの公園や河川敷、公共施設の周辺の清掃に取り組んでおります。
電気自動車による来店に対応できるよう、一般の利用に供する充電スタンドを設置いたします。

10 シャトルバスの運行について
  報告書には、シャトルバスの運行、さらに地域住民の一般利用が可能な形態での運行が示されています。(報告書P.7)
 [協議事項]
   ①シャトルバスの導入について
   ②一般利用が可能な路線バスとしての運行の可能性について

  協議回答
交通渋滞緩和と買物の利便性の向上のために、商業施設と駅などの拠点を結ぶシャトルバスの運行を計画しております。
地元バス会社等に協力を求め、路線バス認可の可能性を検討いたします。可能となった場合には経路と停留所に関して貴市と協議させて頂きます。
地元バス会社等との協議の結果、路線バス導入が困難であると判断される場合には、無料のシャトルバスの運行を計画いたします。尚、その際も経路等については貴市と協議させて頂きます。

11 育児支援施設の設置について
  報告書には、託児所の設置が示されています。(報告書P.7)
 [協議事項]
   ①託児所の設置について
   ②設置される場合の規模について
   ③設置誘導策について

協議回答
託児所については、地域に貢献する利便施設であることから、施設の導入に向けて、条件面にも配慮し他の施設にさきがけ積極的に誘致を図ります。規模・条件面については運営事業者との協議により決定いたします。

12 キッズルームについて
  報告書には、キッズルームとして、無料のキッズコーナーや育児支援機能を持った幼児向け施設の設置が示されています。(報告書P.7)
 [協議事項]
   ①無料コーナーの設置について
   ②幼児向け施設の設置について

協議回答
店舗内に無料のキッズコーナーを設置いたします。また、有料ではありますが育児支援機能を持った幼児向け施設の設置についても、事業者の選定と協議を実施し、合意が得られれば導入を図りたいと存じます。

13 社会科見学、体験学習等の対応について
  報告書には、社会科見学、体験学習などへの協力が示されています。(報告書P.7)
 [協議事項]
   社会体験学習への協力について

協議回答
商業施設内の社会科見学実施や販売体験など子どもたちへの健全な育成に役立つ社会体験学習に積極的に協力いたします。

14 幼児・児童情操教育関連サービス施設の設置について
  報告書には、幼児・児童情操教育関連サービスを行うテナントの導入が示されています。(報告書P.7)
[協議事項]
   幼児・児童情操教育関連サービス施設の設置について

  協議回答
書店や教育関連サービス施設については、幼児・児童の情操教育・育児支援の一環となるようなテナントの導入に向け、事業者の選定と協議を実施し合意が得られれば導入を図りたいと存じます。

15 中高年向けテナントの導入について
  報告書には、中高年向けテナントの導入が示されています。(報告書P.7)
 [協議事項]
   中高年向けテナントの導入について

協議回答
店舗計画にあたっては、若者向けだけではなく、幅広い年齢層のお客様に喜んで頂けるよう中高年向けの商品を取り扱ったコーナーや健康志向の商品を取り扱うコーナー等の導入を図ります。
また、中高年の方がご利用頂ける総合カルチャー教室についても、事業者の選定と協議を実施し合意が得られれば導入を図りたいと存じます。

16 高齢者や障がい者に配慮した施設整備について
  報告書には、ユニバーサルデザインに配慮した全ての人が利用しやすい施設整備や高齢者福祉施設機能の導入にあたっての協力が示されています。(報告書P.8)
 [協議事項]
   ①施設整備にあたってのユニバーサルデザインの導入について
   ②高齢者福祉施設機能の導入に対する対応について
協議回答
高齢者や身体障がい者の方をはじめ全ての人が利用しやすい施設を建築し、ユニバーサルデザインを導入するとともに、バリアフリー新法の認定取得を目指します。
※高齢者、身体障がい者などが円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律である「ハートビル法」が2006年12月に「バリアフリー新法」に改定。
高齢者福祉施設機能の導入に関しては、貴市から具体的にご要望を頂いた時点で検討させて頂きます。

17 交番又は警察官立寄所の設置について
  報告書には、交番の設置要望が示され、設置が困難な場合は、警察官立寄所の設置が示されています。(報告書P.8)
 [協議事項]
①交番の設置については、警視庁の意向、土地所有者の承諾などの前提条件が整った上でのこととなるが、警視庁が設置の意向を示した場合の事業者としての対応について
②警察官立寄所の設置について

協議回答
現在進めている各種法手続きに影響が出ないことを前提とした上で、所轄警察署と貴市との協議により、交番または警察官立寄所の設置が可能との見解がなされた場合には設置場所の設定をさせて頂きます。

18 地域防災への協力
  報告書には、地域防災への協力が示されています。(報告書P.8)
 [協議事項]
   ①防災協定の締結について
   ②その他、地域防災への協力について

  協議回答
 イオンの店舗は災害などが発生したときも、地域の一員として行動することを基本としており、地域防災の向上を図るため、市と防災協定を締結し、災害時の救援物資の供給、避難場所としての駐車場の提供、防災訓練の共同実施などの地域の防災活動に協力、支援を行います。

19 医療施設の設置について
  報告書には、複数の診療科の導入や調剤薬局の設置が示されています。(報告書P.8)
 [協議事項]
   ①クリニックの設置について
   ②設置誘導策について
   ③診療時間に配慮したクリニックの誘導について
   ④調剤薬局の設置について

  協議回答
クリニックについては、地域からの要望が高い施設であることから、施設の導入に向けて、条件面にも配慮し他の施設にさきがけ積極的に誘致を図ります。診療日や診療時間には配慮を求めますが、最終確定はクリニックとの協議により決定いたします。
調剤薬局についても導入いたします。併せてクリニック利用者の利便性向上を図ります。

http://ikedaharuo1.at.webry.info/ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック