歌旅HARRYIKEDAHARUO Trip

アクセスカウンタ

zoom RSS ワンピース新橋演舞場29日の産経を見て30日にダフヤ?ネットで5千円の席を7000円でしか買えずに

<<   作成日時 : 2015/11/01 16:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

しかたなく3F席一枚の残りの席に行った。1幕目は居眠り。2幕目で目が開いた。スーパー歌舞伎は三国志以来。やはり面白かった。
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150803/Japaaan_28418.html

http://www.sankei.com/column/news/151029/clm1510290004-n1.html
ONE PIECEの問いかけ 10月29日

 サーフボードに乗った市川猿之助さんの宙乗りが始まると、東京・銀座の新橋演舞場の観客は総立ちとなった。歌舞伎公演では異例の光景である。

 ▼スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』で猿之助さんは、誰よりも自由になりたくて、海賊になった少年ルフィを演じている。義兄弟が、世界の海の支配を狙う「海軍」に捕らわれたと知って、救出に向かった。何度も絶体絶命の危機にさらされながら、仲間の助けを借りて成長していく。

 ▼米国と中国との間で一挙に緊張が高まったのは、観劇の当日だった。中国は南シナ海をわが物にすべく、国際ルールを無視して、人工島の建設を進めてきた。これまで手をこまねいていたオバマ政権が、ようやく重い腰を上げた。海軍の駆逐艦を人工島の12カイリ内に航行させたのは、周辺海域を中国の「領海」とは認めない、との明確なメッセージである。

 ▼もちろん、日本やオーストラリア、ASEANなど関係国は、米国を頼ってばかりもいられない。「航行の自由」を守るために、結束して対策の協議を急がなければならない。「俺は仲間たちと一緒にいて、みんなに助けてもらわないと、生きていけない自信がある」。ルフィのセリフは、中国の脅威に対して、単独ではとても対処できない国々にも当てはまる。

 ▼尾田栄一郎さんによる、原作の漫画『ONE PIECE』は、すでに累計発行部数が3億冊を超えた。海外でも35カ国以上で刊行されている。猿之助さんは将来の海外公演も、視野に入れている。

 ▼ぜひ中国の人たちにも、見てもらいたい。富国強兵の追求だけでいいのか。国民の自由と、周辺国との絆を大切にする国をめざさないのか。奇想天外な演出を楽しみつつも、自問してほしいのだ。

関連ニュース

https://photos.google.com/album/AF1QipOLbXVFlkjtaLSXVbqnoI7ETpjdBEMGvzlyUbQI

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワンピース新橋演舞場29日の産経を見て30日にダフヤ?ネットで5千円の席を7000円でしか買えずに 歌旅HARRYIKEDAHARUO Trip/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる